福岡県路面電車博物館


 筑前山家電車置き場


 北九州線 621号
北九州線を代表する形式600形。昭和27年近畿車輛製造。
平成12年の全線廃止時まで活躍し、621号はさよなら電車を務める。名実共に最後の西鉄路面電車。



 北方線 324号
北方線は北九州の支線。現在はモノレールが走る。西鉄軌道線で北方線だけが1067mm軌道を採用。モノコック構造を採用した独特のデザイン。昭和昭和55年北方線廃止で土佐電鉄へ移籍し、平成20年2月に廃車、福岡へ里帰りを果たす。



 西鉄バス 2745
エンジンはいすゞBU、西日本車体42MCを架装通称かまぼこと呼ばれ西日本各地で活躍した。2745は製造以来西鉄船小屋営→大牟田営に所属し大牟田ー久留米間の50番で利用される。廃車後、ゲートボール場の倉庫として利用され荒廃、廃棄予定を保存会に拾われる。
現在レストア中。
 


  〜活動報告〜
2009年7月26日 一般公開
2009年6月28日 一般公開
2009年5月30.31日 作業
2009年5月24日 一般公開
2009年5月16.17日 作業

2009年4月26日 一般公開2009年3月22日 一般公開
2009年2月22日 一般公開
2009年1月25日 一般公開


2008年12月28日 一般公開
2008年11月28日 作業
2008年11月23日 一般公開
2008年10月27日 一般公開
2008年9月29日 一般公開
2008年8月28日 一般公開
2008年8月18日 お盆ライトアップ
2008年8月14日 作業
2008年8月9.10日 作業
2008年8月3日 作業
2008年7月26日 作業
2008年7月12.13日 作業
2008年6月29日 一般公開
2008年6月14日 作業
2008年6月8日 作業
2008年5月31日6月1日 作業
2008年5月17.18日 作業 
2008年5月11日 作業 
2008年5月3.4.5.6日 特別一般公開
2008年4月29日 一般公開
2008年4月27日 一般公開
2008年4月26日 作業

2008年4月19.20日 作業
2008年4月5.6日 作業
2008年3月30日 作業
2008年3月23日 一般公開
2008年2月24日 一般公開
2008年2月23日 作業
2008年2月21日324輸送大作戦

2008年2月9.10.11日作業
2008年1月27日 作業
2008年1月27日 一般公開

2008年1月26日 公開前日作業
2008年1月12.13.14日 
 かまぼこ作業

 621作業
2008年1月5.6日 621作業

2007年活動報告
2006年活動報告

2005年活動報告
2004年活動報告

西日本鉄道北方線323形324号 → 土佐電気鉄道300形301号 車両紹介

製造年月  昭和31(1956)年3月

製造会社  東洋工機

自重  12.05t ※

最大寸法  全長11,280o 全幅2,030o 全高3,750o ※

台車  ブリル76E(デッドコピー・木南車両製)

出力  38kw×2

定員  26名(うち座席26名) ※

製造時塗装  西鉄旧標準色:下部マルーン・上部ベージュ

主な改造履歴(一部は推定)

昭和36(1961)年頃 側面下段窓枠アルミサッシ化

昭和39(1964)年頃 乗降扉鋼製化,車両内部塩ビ鋼板化,集電装置をビューゲルからパンタグラフに変更

昭和42(1967)年頃 正面中央窓 下部切上げ・ワイパー移設

昭和56(1981)年 土佐電鉄移籍改造(車号変更,ミラー設置,行先板差込台座設置,屋根上旗立て設置,塗装変更 等)

昭和60(1985)年 カラオケ電車に改造(テーブル・カラオケ機器設置,車内床面一部嵩上げおよび出入口部間仕切り設置,吊革および網棚撤去,モケット交換,塗装変更 等) 

昭和62(1987)年頃〜平成10(1998)年頃 車体更新(車両外部電飾設置(後に撤去),雨樋設置,ベンチレーターおよび屋根渡り板撤去,パンタグラフ嵩上げおよび引下げ用ロープ位置付替え,車内電飾設置,カラオケ機器更新,モケット張替え,扇風機設置,塗装一部変更 等)

廃車年月  昭和55(1980)年11月[西鉄]・平成19(2007)年5月[土佐電鉄] 〔通算稼動期間:約51年〕

<注:※は土佐電鉄での廃車時の諸元>

解 説

323形車両は、当時の西鉄北方線にて使用されていた木造単車の置換え用として、「バス形軽量車体」の工法を取り入れつつ製造された車両(ボギー車)です。

バス形軽量車体タイプの車両は、戦後の道路整備と自家用車の普及等により路面電車が斜陽の時代を迎えつつある中で、車両寿命の短縮と引換えに製造コストの低減等を目的に開発され、東京都電2500形車両を筆頭に全国各地で導入されました。その中でもこの323形は、西鉄路面電車の代名詞ともなった1000形連接車のデザインや、道路幅・線路幅の狭い北方線特有の車両限界等を反映した結果誕生したものと思われ、極めて個性的なスタイルとなりました

例えば、全体的に丸みを帯びつつ上部がすぼまっていくような車体断面と張上げ屋根は正に「たまご型」であり、細身の車体幅に合わせ絞り込まれた愛嬌ある正面デザインは、この車両の愛称でもあった「馬面電車」そのものです。その一方で、台車はコスト低減のため製造会社所有の中古品を使用する等のアンバランスな構成となっており、これもまたこの車両の特徴のひとつです。

なお、昭和32(1957)年以降は、323形のデザインを踏まえつつもより平面的な車体となった331形連接車が、北方線のさらなる輸送力増強を図るべく新製・増備されたため、323形は計2両のみの製造に留まりましたが、西鉄路面電車の変遷を辿る上でも重要な車両と言えます。

324号は、昭和55(1980)年11月の北方線廃止後は土佐電鉄に譲渡され、塗装変更他最小限の改造を施された後、翌昭和56(1981)年から土佐電鉄300形301号として営業運転に投入されましたが、ワンマン化改造がなされていなかったため予備車的な扱いとなり、ごく稀に花電車としても使用される程度の稼動状況でした。その後、昭和60(1985)年にカラオケ電車として車両内部を中心とした改造と塗装変更を受け、さらに夏場にはビアホール電車として運行される等により、いわゆるイベント専用車両としての活躍の場を見出しました。この間、各種の車体更新工事等も施工されましたが、原型のスタイルは良く保たれています。

しかしながら、非冷房・車両の狭さ・老朽化等によるものか、平成19(2007)年に2代目のイベント車両が誕生したのを機に運用を離脱、平成20(2008)年3月までの検査期限を残したまま廃車となり、土佐電鉄桟橋車庫に留置されていましたが、この度土佐電鉄様のご理解・ご協力もあり、縁あってこの貴重な車両の福岡への里帰りが実現しました。

323形が製造された頃の西鉄は、画期的かつ斬新な車両を次々と生み出していたことで知られていました。一見すると外国の電車と間違えそうな可愛らしいスリムな車体の324号は、当時の西鉄の「仕事ぶり」を実際に感じることができる本当に数少ない存在です。さらに、戦後生まれのボギー車にもかかわらず、21世紀に至るまでツーマン仕様・手動扉のままであった稀有な車両でもあります。なお、当保存会では、今回の里帰りを機に、まずは塗装を西鉄旧標準色(下部マルーン・上部ベージュ)に戻すことから始め、その後も各種設備等を北方線当時の状態に修復していく予定です。

〔参考文献〕 鉄道ピクトリアル1974年4月増刊号,土佐電鉄が走る街今昔(JTBキャンブックス)Wikipedia 他
北九州線600形や621号について解説補則がありましたら代表までメールお待ちしております。


 2009年春 現在  


2008年 高知より輸送時 
 
 
TOPへ
掲示板
 お問い合わせは下記まで
メールでお願いいたします。
teshi729@yahoo.co.jp
 代表 手嶋康人